なぜ冷えるの?


“速くよく冷える”
 エンゲル冷凍冷蔵庫の“すごい”特長
1強力なパワーを生むコンプレッサ−方式を採用。
エンゲル冷凍冷蔵庫は家庭用の冷蔵庫と同じ「コンプレッサー方式」を採用。だから保冷タイプとの差は歴然。もちろんキンキンに冷えた氷も作れます。
2寒い季節にとっても便利。55℃の温蔵タイプもあります。
暖かい飲み物が欲しいときでも大丈夫。55℃という、ちょうど飲み頃の温度をキープ。ドリンク類のほか、おしぼりを暖めておくのも一案です。
3飲み頃の5℃まで、運転開始から120分。
一番おいしさを感じる温度は5℃。20℃の350ml缶6本入れて運転を開始。5℃になるまで120分。あらかじめ冷やしておけば、即楽しめます。
4バッテリーに負担をかけないエンゲル独自の、省エネ設計。
飲み頃5℃を保つための消費電力は、1.8A/h(HD-13GL)。これはヘッドライトを片方点灯(60W)したときの約1/3という省エネ設計。バッテリーも安心です。
5真夏の炎天下でも大丈夫。余裕でしっかり冷やします。
マイナス18℃の冷却力と、断熱効果の高いウレタンフォームで野外もOK。オプションのトランジットバッグを使えば直射日光や衝撃から守ります。
6とってもタフネス。悪路も振動もなんのその。
優れた耐震構造により、走行中の振動や傾斜にも対応。アウトドア先進国の欧米やオーストラリアでも300万台以上が大活躍しています。
7DC/ACの両電源に対応。
エンゲルのMTシリーズは両電源に対応。他のシリーズもAC電源アダプタを使えば、大丈夫。
 

8エンゲルはどれもが収納力抜群。だから嬉しい、だから安心。
いずれのタイプも収納力自慢。小型のHD13でも350mlなら22本、MT60Eならなんと100本も収納。少人数から大人数まで用途に合わせてお選びいただけます。

  9でっぱりが少ないスッキリしたデザインも魅力。
エンゲル冷凍冷蔵庫が支持されている理由の一つがコンパクトなデザインです。だから車への納まり具合も二重丸。もちろん食材の納まり具合もグッドです。

※凍らせてある物を入れて保存する場合などは、あらかじめ冷蔵庫を2時間程度

運転して充分冷えた状態からお使い頂く事をお勧めいたします。


■エンゲル(ガス圧縮式)とサーモモジュール(半導体による熱交換式)の性能比較
 (庫内に何も入れてない状態、外気温30℃にて)
1.庫内温度の差 2.庫内冷却の早さ  

皮膚にアルコールを塗った時、その部分が冷たく感じます。これは、アルコールの蒸発によって、皮膚から熱を奪うからです。つまり、冷却とは液体が蒸発して気体になる時、周囲にある物質の温度を下げる作用を行うことです。

また、反対に気体を圧縮すると液化しますが、この場合には逆に熱を発生します。空気または水で冷却し、その発熱を抑えると、一層液化しやすくなります。

電気冷蔵庫は、この現象を上手に利用したもので、R-134という特殊な物質を用いて、この熱の授受の仲立ちをしています。

このような物質を一般的に冷媒と呼び、電気冷蔵庫はこの冷媒が蒸発して気体になったものを、圧縮して高温高圧の気体にして、さらに高圧の液体にします。

これを低圧化で蒸発(気化)させて、周囲から熱を吸収、再び圧縮して冷媒を循環させます。この循環を冷凍リサイクルと呼んでいます。冷媒の循環系統は、完全密封されていますので、冷媒の補給も必要なく、同一量の冷媒が永久に仕事をします。冷凍サイクルは、コンプレッサー、ドライヤー、キャピラリチューブ、エバポレーター等の機器から構成する冷凍機ユニットに、自動温度調節器を加えたものを冷凍装置と呼んでいます。

お問合せは
長坂バロック株式会社
〒380-0935 長野市中御所4丁目6番14号
TEL 026-227-2232 / FAX 026-227-3808
E-mail:engel@nagasaka-b.com
営業日:平日9:00〜17:00


Copyright(c) 2017 長坂バロック株式会社 All Right Reserved.